スポンサーサイト

- - - スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0

    024:妙

    021-030の歌 - trackbacks(122) daieiblog2013
    「024:妙」の歌は、こちらにトラックバックしてください。
    • 0
      • Check

      スポンサーサイト

      - - - スポンサードリンク
      • 0
        • Check
        トラックバック

        この記事のトラックバックURL

        ためらいは声の余白を湿らせて知らない星の奇妙なまばたき
        • Re:re
        • 2013/11/30 10:34 PM
        妙齢とか妙な人ほど妙を使う例えば誰とかちょっと微妙・・・
        • 純情一直線
        • 2013/11/30 10:04 PM
        空から降るのは妙なる調べ海から湧いたるグロリア、グロリア
        • ?緑豆製作所
        • 2013/11/30 9:33 PM
        一頁落丁のため「奇妙な」で終わってしまう探偵小説
        • ぺんぺん100%
        • 2013/11/29 4:15 AM
        絶妙なタイミング過ぎる一言は何があるのと勘ぐりたくなる
        • ゆうき(裕希)の題詠blog
        • 2013/11/29 1:37 AM
        関越を北に走れば厳冬の妙義山みゆ雪の向こうに
        • よんだものがち
        • 2013/11/27 2:02 PM
        妙にながい昨夜のゆめに失くしたの泡沫のあなたからの手紙   ※泡沫=うたかた
        • ちょろ玉のコトダマラソン
        • 2013/11/25 3:37 PM
        絶妙な角度で投げるブーメラン月の向こうをまわって戻れ
        • とりあえずのぶろぐ
        • 2013/11/24 5:15 PM
        はなびらを風に散らして妙齢の萩が歩道をわたる夕暮れ
        • わざとじゃないもん!
        • 2013/11/23 8:13 PM
        真夏日よ妙高高原駅立てばみづみづと濃きみどりみどりよ
        • Continuo
        • 2013/11/22 9:41 PM
        裏世界迷い込んでる眼球が妙にくらくらグラグラ揺れる
        • よあそび
        • 2013/11/21 12:27 PM
        「奇妙だな」「それよりあなたの足首をふたつも送ってくるのはやめて」
        • 裏庭を捨てる
        • 2013/11/16 3:28 PM
        絶妙に崩されながら(雪、みたい、)円周率をなめずりあうの
        • ゆゆとぴあ。
        • 2013/11/14 3:14 AM
        徒競走を待つもの憂げな横顔が秋の陽にそっと明滅してる
        • 柳’s ラボラトリイ
        • 2013/11/13 12:58 PM
        神妙な顔で行き先を言い合って庭へと駈けてゆきたり子らは
        • 柳’s ラボラトリイ
        • 2013/11/13 12:57 PM
        存在を取りやめた人が妙だなとつぶやき春に咲く花を消す
        • ぼくはこんなことが好き。
        • 2013/11/12 5:42 PM
        妙齢の女性に属しているつもり本能のまま歌うあいだは
        • 歩道を走る自転車のこども
        • 2013/11/12 3:53 PM
        妙なのは好きこそものの上手でも上手が好きと限らないこと
        • 睡蓮。の隠れ家ブログ
        • 2013/11/12 10:07 AM
        夢なんていつも奇妙なものでしょうあなたが捨てた花を拾った
        • 月夜の虹
        • 2013/11/11 10:41 PM
        精妙なカーヴ描きて今しがた君の座りしソファのへこみ
        • Lazy Room
        • 2013/11/11 7:55 PM
        奇妙ですあなたもわたしも生れつき奇妙ですだれも差別ただなか
        • 幼稚
        • 2013/11/06 5:25 AM
        立ち並ぶ奇妙な形のモニュメント 意味を問うより気になる構造
        • 独りよがりの傘を開いて
        • 2013/10/27 12:07 AM
        平日のマクドナルドは絶妙な干渉しあうことなき空間
        • うたりずむ
        • 2013/10/21 1:02 PM
        妙な雲ときみのゆびさす雲を見るこういうことで老いてゆきたい
        • ゆびおり短歌
        • 2013/10/20 2:24 PM
        雑用を押し付けようとするときの上司の声は妙に優しい
        • 遠くからきこえる
        • 2013/10/20 12:31 PM
        小鼓の妙なる響きに羽衣を天女は春の空へ靡かす 
        • sironeko
        • 2013/10/08 10:00 PM
        箱舟は空のなかほどで停まったまま奇妙な雲を仰ぐ人びと
        • afterglow (Just to hear your call...genesis)
        • 2013/10/07 12:08 PM
         妙なことばかり言ってる 辻褄を合わせるのが苦手なのね、君
        • 題詠blog2013*小春まりか
        • 2013/10/07 2:33 AM
        あかときを迎ふるまでと知りながら聞かばや妙なはなしのつづき
        • 雲いろの栞
        • 2013/10/06 5:57 PM
        トルソから畸形に伸びた腕がぼくを捕らえようとする奇妙なはなし
        • Mellow Sings
        • 2013/10/05 10:42 AM
        神妙に心もてなす紫苑らに 招かれ夏の愛から脱走
        • 転がり坂
        • 2013/10/02 10:59 PM
        奇妙だと気が付くまでの数秒の気持ちのままで天井を見る
        • 短歌のなぎさ
        • 2013/09/30 10:51 AM
        絶妙な力加減で押してくる圧力鍋で煮られているよう
        • 風のゆくえは
        • 2013/09/24 1:47 PM
        無信心困ったときだけ神仏 南無阿弥陀仏 南無妙法蓮華経
        • 真魚の間
        • 2013/09/18 1:30 PM
         南無妙法蓮華経を唱へて向かふ仏壇に枇杷の実ひとつ
        • 黒猫歌集
        • 2013/09/10 12:28 PM
        神妙に聞いてゐたりしがあくび出る十九時過ぎの学科の授業
        • 2013/09/08 3:51 PM
        春の宵妙なる調べ旨い酒美女を侍らす夢でも見たい
        • Ordinary days
        • 2013/09/04 8:49 PM
        神妙な顔で畑に種を蒔く君と一緒に西に行くため
        • シプレノート
        • 2013/08/25 5:17 PM
        ワイン注ぐ妙に慣れてる指先に負けぬくらいのこのピンヒール
        • 組曲を奏でるように・・・
        • 2013/08/20 3:40 PM
        いま我はヴィオロンとなり故郷に妙なる音と風を送らむ
        • 臆病なビーズ刺繍
        • 2013/08/18 2:34 AM
        こないだね妙子に聞いたあの話 あいつにもっかい言ってやったよ
        • モノクローム文芸館
        • 2013/08/14 11:33 PM
        微妙ではだめでひたすら面白くしていたい夏 泣いたらおわり
        • タンカコタンカ 題詠篇
        • 2013/08/12 12:11 AM
        妙なる音髪に衣に纏う夜月の魔力をこの身に宿す
        • さくら草紙 〜第参章〜
        • 2013/08/10 12:54 AM
        妙(たえ)と妙(みょう)彩なしながらずるずると政治の季節いま下流域   1974年12月9日  金脈問題で田中角栄首相辞任。三木武夫内閣発足。
        • はいほー通信 短歌編
        • 2013/08/05 7:07 PM
        声なんか出したら罰があたるかも神妙な顔に唇よせて
        • 嵐が丘に取り残されて
        • 2013/08/03 7:12 AM
        巧妙な手口によって額には汗びっしょりの男子高生
        • /dev/null
        • 2013/08/01 11:58 PM
        三月の妙に明るい夜道かな 県知事選挙ポスターを見る
        • eleven nine
        • 2013/08/01 10:30 PM
        UFOの防衛語る石場氏の云い得て妙な国防講義
        • 題詠blog@未来るちる
        • 2013/07/26 5:17 PM
        珍妙な振り付けのよう沈みゆく君に溺れる 愛ならいいのに
        • くぎのスープ
        • 2013/07/24 10:40 PM
        絶妙の力加減で抱きしめるその優しさに少し眠ろう
        • はちぶんめblog
        • 2013/07/24 8:03 AM
        絶妙な間で渡されるティッシュにもまた泣かされて泣き止めないわ
        • 透明な竜の召還日和
        • 2013/07/21 9:38 PM
        投稿歌をトラックバックできないため、ブログにてご確認ください
        • 風流三昧
        • 2013/07/21 9:15 PM
        白妙の袂に伏してだるまさんころんだ唱え振り向けば空
        • それらすべては架空となりて
        • 2013/07/15 7:04 PM
        板チョコをかじったあとのひとくちの缶コーヒーの妙なる甘さ
        • 麦畑(題詠blog用)
        • 2013/07/14 8:22 PM
        翡翠色今朝もあったよ小さな卵カラスアゲハの妙なる出産
        • 花こみち
        • 2013/07/07 10:04 AM
        絶妙のタイミングにて咲く桜 入学式をきっと知ってて
        • ポケット短歌。−ウクレレ式短歌blog−
        • 2013/06/30 2:17 PM
        妙な音したら大概妖怪がのぼっていますはしごたかです
        • めくるめく
        • 2013/06/25 12:11 AM
        やきもち焼き妙音天がおわします不忍池は独りで参る
        • 女郎花の独り言
        • 2013/06/20 10:19 AM
        星のこと話していると妙ですねふたりの欲しい家具一致する
        • 猫背が直らない理由
        • 2013/06/15 11:04 PM
        まよなかのマウスパットに絶妙に積み上げられた灰の尖塔
        • 6e
        • 2013/06/10 6:55 AM
        微妙だと思われないよう茶道部の部室で毎日過ごしていたい
        • うずめの花ビラ
        • 2013/06/09 9:57 PM
        色水のように奇妙な透明度ゆすぎきる傷口はにじんで
        • 試験管にとじこめて
        • 2013/06/07 4:50 PM
        和妙(にきたえ)の白きころもを纏ひたるはだへ恋しき夏の宵かな
        • 槐の実
        • 2013/06/07 12:15 PM
        君の声妙に恋しい朝がある 昨夜の夢の続きが見たくて
        • 椋の囀り
        • 2013/06/07 12:05 PM
        軽妙な歌のやりとり伯爵が召使いたちにやり込められる
        • 111.31KV620日記
        • 2013/06/02 9:27 PM
        人間は妙案よろしく掲げても 自然の力に勝るものなし
        • 介護の記
        • 2013/06/02 2:43 PM
        要するに君の料理は絶妙なマズさだとしか言いようがない
        • 砂上楼閣
        • 2013/05/31 3:18 AM
        近頃の妙な噂は本当で導かれるまま体育館裏
        • 螺旋浮遊
        • 2013/05/29 11:11 AM
        火筒 否、奇妙な花穂重たげにつくづくかなし男とふもの
        • Soupe du Louve
        • 2013/05/25 10:24 AM
        「妙なやつ」そんな悲しい分類のヒト科クラゲよ反撃をせよ!
        • 夏からはじめた・青い翼はきらい
        • 2013/05/25 1:23 AM
        エクスタシーの妙なる声を知らぬ間に着信音に設定される
        • 楽歌三昧
        • 2013/05/24 6:18 PM
        何気ないことばが妙にうれしくて思い出すたび照れ笑いする (なにげないことばがみょうにうれしくておもいだすたびてれわらいする)
        • ***短歌の六歌亭***
        • 2013/05/21 11:46 PM
        妙妙と褒め称えつつ本心は 否など言えぬ小心者よ
        • ことの葉から雨雫
        • 2013/05/16 9:15 PM
        同じやうに聞こえながらも長崎と佐賀では語尾が微妙に違ふ
        • encantada
        • 2013/05/09 8:19 AM
        妙さんとうママてきぱきと働きぬ現在(いま)は黒衣の制服を着て
        • 原点
        • 2013/05/08 8:47 PM
        戒名に妙のつく人 生前を知らないけれど微笑んでいる
        • こ と り ご と
        • 2013/05/05 1:47 PM
        巧妙な策はいらない人参とスケープゴートに七月はくる
        • 今日のうた
        • 2013/05/04 3:00 PM
        妙ちきりんそんな感想フィットする新作ドレスに哄笑の渦
        • 七十路ばばの独り言
        • 2013/05/01 10:34 AM
        古池に 雪の残りて 妙心寺 観光バスは 未だ来ぬまま...
        • ひろちん。の鬱と妄想の日々BLOG
        • 2013/04/30 12:13 AM
        神妙な顔で浅瀬へ上がってく人魚をみるのはこれで二度目だ
        • 牛乳のなかの宇宙。
        • 2013/04/28 2:45 PM
        微妙だね(そんな言葉で誤魔化していたくはないのに)板チョコを割る
        • 鹿の子帳
        • 2013/04/27 7:17 PM
        聴力を失いてなお作曲す人の音楽 妙(たえ)なる響き        ...
        • 短歌 富士山麓より
        • 2013/04/21 7:49 PM
        はんめうをまだらねこと読んでしまふ癖いまだに抜けぬことの奇妙さ
        • おぼつかな
        • 2013/04/19 11:15 PM
        位牌には妙智孩女と記されり30年間その名前です
        • 純情短歌
        • 2013/04/16 9:29 PM
        花のもと佇む君の微笑みが恋の病の妙薬となる
        • 散り落つ泡沫
        • 2013/04/15 12:56 AM
        春はをし花のうてなの影ならむすみぞめの雲に白妙の月
        • 月とあをさぎ
        • 2013/04/14 7:53 AM
        道化師の妙ちきりんなお帽子は銀の涙を護る堅牢
        • ワナビーポエマー.
        • 2013/04/08 10:59 PM
        奇妙だと思えば何もかも奇妙身体全部を覆ってる皺
        • つきのこども/あぶく。
        • 2013/04/07 9:27 PM
        春の夜ひとりステアのジンライム妙なる鈴の音のごと響く
        • 歌よみもどきの書
        • 2013/04/06 10:34 PM
        春雨は妙に静かな雲の岸午餐ゆるりとジャズを聴きつつ
        • あほうどり
        • 2013/04/05 3:09 PM
        相変わらず奇妙な時に君に会うこれが縁って奴なんだろうね
        • 檸檬藍瑕
        • 2013/04/05 12:57 PM
        ふた試合完封されしタイガース打てる妙手のなきにけらしも
        • カトレア日記
        • 2013/04/01 4:23 PM
        卒業後半年ぶりに来てみれば部室は妙によそよそしくて
        • 垂れ流しstyle
        • 2013/03/31 7:52 AM
        思ひ出の町はと訊けば巧妙なことばも捨ててローマと笑ふ
        • 芳立五蘊
        • 2013/03/30 12:42 PM
        神妙な面持ちですねあと少し待てば赦すと思ってますね
        • こはぎうた
        • 2013/03/29 10:08 AM
        奇妙なるかたちは君の個性かと深海に棲む古代魚に問ふ
        • ペーパードリーム
        • 2013/03/28 12:39 AM
        白妙の袖も濡らさで居たもののそれも今宵の月消ゆるまで
        • 白紙委任状
        • 2013/03/25 11:50 PM
        お前とは妙ちきりんな仲となる けじめはしかと付けるべきなり
        • 底津石根
        • 2013/03/24 6:36 PM
        電子的会話の妙技「送信をしますか?」「はい」の頻度調整024:妙(船坂真桜)電子的会話の妙技「送信をしますか?」「はい」の頻度調整
        • 100poetry
        • 2013/03/24 5:18 PM
        ジェネレーションギャップ 十歳年下の男(熱量かすかに微妙) ...
        • Strawberry Fields Forever
        • 2013/03/19 6:33 PM
        巧妙なさだめに乗って恋に落ち一雨ごとに目覚める修行
        • たなごころ
        • 2013/03/19 12:32 PM
        もうじきと君の帰りを玄関で 神妙に待つおすわりの猫
        • ももこころころ
        • 2013/03/18 9:59 AM
        炒飯がパラリと上手くできなくてもそれに妙飯と名前付けるな...
        • 矢野理々座のblog
        • 2013/03/09 11:08 PM
        声帯を出ればくるしい意味としてときに妙なる歌として 息
        • 歩数
        • 2013/03/04 11:02 PM
        ひとりだけ奇妙に濡れた影をひき「それは遠く」と思ったのです
        • 有櫛水母
        • 2013/02/27 7:21 PM
        いちばんに大切なもの功名にお金と自分のみ愛すべし
        • la lune
        • 2013/02/26 1:26 AM
        巧妙な蛍の気配成熟の出口に消えて傷ついた声
        • 暗黒星雲
        • 2013/02/25 4:35 PM
        浄妙寺冬陽のなかに蝋梅が香っておりぬ鎌倉五山
        • 梅の咲くころから
        • 2013/02/24 9:26 AM
        女(め)の神に愛されつるかあしびきの山の申し子妙高に果つ
        • 紫苑がさね
        • 2013/02/23 1:45 AM
        敷妙の手枕(たまくら)恋ひてひとりねの夢の名残をさだめかねつも
        • 朝の雲
        • 2013/02/20 5:40 PM
        わたしの気持ち察するように絶妙な手紙が届く愛されている
        • うたのたね
        • 2013/02/19 2:10 PM
        ふっとした微妙な間での一言がほわんとしてた友を亡くした
        • たんかんぽんかんみかん
        • 2013/02/19 12:34 PM
        日はかなり西に傾く道行けば雲は妙高を隠さんとする
        • しなやかに、したたかに、無責任に・・・西中眞二郎雑記帳
        • 2013/02/11 4:20 PM
        ふと覚めて妙に濡れゐる目頭に朝の音して夢が見えない
        • 2013/02/10 12:53 PM
        泣きながら「元気もりもり定食」を食べてる人が妙に気になる
        • あるあるのうた B面
        • 2013/02/09 10:36 PM
        巧妙に罠を仕掛けた合コンでひとりぼっちのイイヒト候補
        • 通過列車
        • 2013/02/09 9:58 PM
        神妙な顔してるのもいまだけねゴメンナサイって云うだけじゃない
        • 映子のブログ
        • 2013/02/08 7:35 PM
        大人たちが「世界は変わる」というけれど妙蓮寺駅はむかしのままだ
        • 路地裏のショーペンハウアー?
        • 2013/02/07 11:42 AM
        荒船や妙義をかけて眺むれば人はいはねのきりたてる見ゆ...
        • 和歌の浦浪
        • 2013/02/06 6:37 PM
        ぼくたちの奇妙な関係もう一歩をどこにしるせば変わるだろうか
        • みんな教えてもらった
        • 2013/02/03 7:31 AM
        あなたのは妙なる調べに遠いけど僕の心刺さったままだ
        • 創作のおと
        • 2013/02/01 3:16 PM
        この記事には問題なくトラックバックできました。
        • 111.31KV620日記
        • 2012/12/29 11:13 PM
        無料ブログ作成サービス JUGEM