スポンサーサイト

- - - スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0

    028:幾

    021-030の歌 - trackbacks(122) daieiblog2013
    「028:幾」の歌は、こちらにトラックバックしてください。
    • 0
      • Check

      スポンサーサイト

      - - - スポンサードリンク
      • 0
        • Check
        トラックバック

        この記事のトラックバックURL

        夢だって知らないままで迷いこむ幾何学模様もうさめないの
        • Re:re
        • 2013/11/30 10:41 PM
        もう幾つ寝たらいいのか私には今年の終わりもまだわからない
        • ?緑豆製作所
        • 2013/11/30 10:08 PM
        ロケットを夢見し日々も幾星霜、創元文庫のほこりをはらう
        • ぺんぺん100%
        • 2013/11/29 11:22 PM
        幾何学の研究メモは四次元の世界を家(うち)に持ち込んでくる
        • ゆうき(裕希)の題詠blog
        • 2013/11/29 9:45 PM
        グラウンド幾何学模様描かれてまぶしい組体操がはじまる
        • とりあえずのぶろぐ
        • 2013/11/29 12:05 AM
        ぼくたちは博士みたいな顔をしてコメントばかり上手になった
        • とりあえずのぶろぐ
        • 2013/11/29 12:03 AM
        幾何学の補助線を引く鉛筆の先を削っているような月
        • よんだものがち
        • 2013/11/27 4:07 PM
        幾度も流れてきたり君といた日々をみちびく楽曲ばかり
        • ちょろ玉のコトダマラソン
        • 2013/11/25 3:42 PM
        ひとつしか選べぬわたし 幾たびも書き直される飛行機の雲
        • わざとじゃないもん!
        • 2013/11/24 7:05 PM
        どこからか意思がまなこが生まれさう幾何学模様より目を逸らす
        • Continuo
        • 2013/11/23 9:46 PM
        幾つもの林檎を君と分け合って安心してる部屋は真四角
        • よあそび
        • 2013/11/22 9:09 AM
        内側が幾何学模様になりかけていますあなたの音が近づく
        • ゆゆとぴあ。
        • 2013/11/18 11:53 AM
        幾らなら買うつもりだか知らないが宇宙船とは概念ですよ
        • 裏庭を捨てる
        • 2013/11/16 3:37 PM
        幾度か誘おうとして引き返し眼を閉じて行く体内の道
        • 歩道を走る自転車のこども
        • 2013/11/13 8:52 PM
        カプリコを幾つか持って子はゆけり朝の負けなど気にせぬ顔で
        • 柳’s ラボラトリイ
        • 2013/11/13 1:06 PM
        幾千と落ちる葉っぱが金貨ならこどもをやめて拾いにいくよね
        • ぼくはこんなことが好き。
        • 2013/11/12 11:22 PM
        幾度の冬を越えたら枯れますかこの胸に咲く一輪の花
        • 月夜の虹
        • 2013/11/12 9:08 PM
        思春期は幾つも時代越えるほど長く思えたたかが数年
        • 睡蓮。の隠れ家ブログ
        • 2013/11/12 10:17 AM
        恋人は幾度涙を落とせしか爪の光沢ぬれぬれと照る
        • Lazy Room
        • 2013/11/11 8:00 PM
        幾多ある日々の葛藤ごまかしてお皿洗って珈琲飲んで寝る
        • 花こみち
        • 2013/11/09 5:03 PM
        幾億より幾万てゆう万よりも千、百てゆうようになったよ
        • 幼稚
        • 2013/11/06 5:30 AM
        空というどこかの国で暮らすのは、幾星霜の哀しみ、ひかり
        • 独りよがりの傘を開いて
        • 2013/11/03 11:40 PM
        空というどこかの国で暮らすのは、幾星霜の哀しみ、ひかり
        • 独りよがりの傘を開いて
        • 2013/11/03 11:38 PM
        まだ燃えているのは幾つなのだろう一千万年先の銀河の
        • 短歌のなぎさ
        • 2013/10/29 2:56 AM
        恋しくてあなたに逢いに行く道は幾重に絡む茨が刺さる
        • うたりずむ
        • 2013/10/24 2:46 PM
        幾つものかさなる雲を見やりつつ忘れることの多さを思う
        • ゆびおり短歌
        • 2013/10/20 3:21 PM
        人生は哀しきことも多けれど日に幾たびもこゑ出し笑ふ
        • sironeko
        • 2013/10/16 2:51 PM
        幾何学は通用しないシェルターで夢さえ見ないエリナリグビー
        • afterglow
        • 2013/10/15 2:44 PM
        幾つもの夜を越えては強くなるような気がして弱くなってる
        • 題詠blog2013*小春まりか
        • 2013/10/11 2:09 AM
        幾らかの叶わなかった約束を質屋に入れて食べ物を買う
        • タンカコタンカ 題詠篇
        • 2013/10/10 9:15 PM
        幾分は老いたこの目に吾亦紅 枯淡の赤を味わいながら
        • 転がり坂
        • 2013/10/07 5:31 AM
        幾千の眸の彼方や しろたへの雲を越えゆくきみの機影は *眸=まみ
        • 雲いろの栞
        • 2013/10/06 8:25 PM
        幾人も男を泣かせた美しさ年貢納めよ税率上がる
        • 風のゆくえは
        • 2013/09/24 2:15 PM
        幾星霜たてばあなたにたどり着く?来世はムリだな その次もまだ
        • 真魚の間
        • 2013/09/18 1:36 PM
        幾粒の血色を抱き赤々とひらく柘榴はその身を曝す
        • 黒猫歌集
        • 2013/09/13 8:18 AM
        幾度か左、左に寄る車なぜかわかるか先生は問ふ
        • 2013/09/08 3:58 PM
        畿内説出雲起源の新説も卑弥呼の足跡どこからどこに
        • Ordinary days
        • 2013/09/04 8:55 PM
        人間が結ぶ手と手と手と手と手幾何学模様の一端にいる
        • シプレノート
        • 2013/09/03 9:19 PM
        最愛も幾星霜の年を経て見えない粒子となりて消えれば
        • くぎのスープ
        • 2013/08/26 9:16 PM
        ゴミ箱へ放り投げたる鼻つまみ 幾度の悔しさ越えたるゴール
        • モノクローム文芸館
        • 2013/08/26 1:38 AM
        幾億の星の輝き絶え間なく明日を育む人の世照らせ
        • さくら草紙 〜第参章〜
        • 2013/08/25 9:44 PM
        幾年も葉月重ねて来たけれど大人になれぬ花にはなれぬ 八月生まれらしくひまわりのような人になれたなら・・・
        • 組曲を奏でるように・・・
        • 2013/08/24 8:13 PM
        (くちづけの間に見失ふ星幾つ)(あんなにきみを呼んでるのにね)
        • Soupe du Louve
        • 2013/08/20 9:43 PM
        幾たびも雪の深さを尋ねられ菊女は遂に顔赤らめつ
        • 臆病なビーズ刺繍
        • 2013/08/20 4:11 AM
        幾たびも雪の深さを尋ねられ清少納言は御格子を上ぐ
        • 臆病なビーズ刺繍
        • 2013/08/19 6:04 AM
        歳月を幾つかさねて一千万平方キロに降り積もる霜   1976年9月9日  中国共産党の毛沢東主席が死去.
        • はいほー通信 短歌編
        • 2013/08/13 6:11 PM
        投稿歌をトラックバックできないため、ブログにてご確認ください
        • 風流三昧
        • 2013/08/11 6:52 PM
        幾重にも嘘を重ねて生きてきて死ぬことだけがほんとうだった
        • はちぶんめblog
        • 2013/08/07 10:23 PM
        ポケベルが鳴らなくなった 幾日も過ぎてようやく手から放した
        • eleven nine
        • 2013/08/07 9:24 PM
        投稿歌をトラックバックできないため、ブログにてご確認ください
        • 風流三昧
        • 2013/08/04 6:13 PM
        最悪の事態を胸に描きつつ幾らかましな現実に笑う
        • /dev/null
        • 2013/08/03 11:13 PM
        幾度目の夏まで廻って待てばいい捨てられないまま文字が褪せてく
        • 嵐が丘に取り残されて
        • 2013/08/03 12:50 PM
        背を向けた物理の教授は黒板に幾何学模様のため息をつく
        • ポケット短歌。−ウクレレ式短歌blog−
        • 2013/08/03 9:52 AM
        買い物は「幾らかな」って聞くことも世間話もしないスーパー
        • 題詠blog@未来るちる
        • 2013/07/26 8:50 PM
        忘れない幾星霜を隔てても変わらないひと記憶信仰
        • 透明な竜の召還日和
        • 2013/07/21 9:44 PM
        知らぬ間に途中下車したあの人と幾星霜を超えて会おうか
        • それらすべては架空となりて
        • 2013/07/15 9:18 PM
        幾種もの缶コーヒーのあるなかで浅煎りコーヒーのすくなきことよ
        • 麦畑(題詠blog用)
        • 2013/07/14 8:52 PM
        Welcome to Tokyo!ようこそ東京へ!熱烈歓迎!吉幾三様
        • めくるめく
        • 2013/06/25 10:23 PM
        ちちははの残りの生を阻害する幾ばくの罪わたくしが持つ
        • 女郎花の独り言
        • 2013/06/20 5:05 PM
        幾億の冨があっても退屈でオルロフスキーはまた大あくび
        • 111.31KV620日記
        • 2013/06/20 12:53 AM
        幾重にもかさなりあったトラックのてっぺんにいる猫 なでずらい
        • 猫背が直らない理由
        • 2013/06/15 11:14 PM
        幾つもの水を引き寄せ河となるあなたのうえに浮かぶ箱舟
        • 6e
        • 2013/06/10 6:59 AM
        あたしには君は笑顔を振り撒かない 幾らパズルを解いたとしても
        • うずめの花ビラ
        • 2013/06/09 10:32 PM
        幾夜かは月をあはれとながめけるいくよと君の声聞きつるも
        • 槐の実
        • 2013/06/07 12:22 PM
        幾重にも固く結んだ縁の糸 小指の先には君の温もり
        • 椋の囀り
        • 2013/06/07 12:12 PM
        幾年月 生命(いのち)ありしか老いの身に 逢いたき人の訃報重たし
        • 介護の記
        • 2013/06/02 3:56 PM
        見上げるものの存在しない幾億の星にも空があるということ
        • 砂上楼閣
        • 2013/05/31 3:30 AM
        勝ち逃げのように逝く人これ以上行きにくい世にならないうちに
        • 螺旋浮遊
        • 2013/05/30 9:37 AM
        念のため嘘を幾つか混ぜながらブログに綴る今日のできごと
        • 螺旋浮遊
        • 2013/05/30 9:35 AM
        どうしても文字にできないもどかしさノートの端の幾何学模様 (どうしてももじにできないもどかしさのーとのはしのきかがくもよう)
        • ***短歌の六歌亭***
        • 2013/05/29 5:10 PM
        電話にて浴びせられたるお客らの幾らなんでもあり得ぬ言葉
        • おぼつかな
        • 2013/05/27 8:29 AM
        「恐いのか?」問いし父より許された幾夜も続く点けっぱなしの夜
        • 夏からはじめた・青い翼はきらい
        • 2013/05/27 12:12 AM
        幾たびも相棒としてじゅうぶんに働いたのに褒めてくれない
        • 楽歌三昧
        • 2013/05/24 6:24 PM
        幾年の月日を越えた名作は この先千代に語り継がれよ
        • ことの葉から雨雫
        • 2013/05/19 11:03 PM
        お前にもいづれ、と言われしことごとを幾つも過ぎて今は鈍色
        • つきのこども/あぶく。
        • 2013/05/19 8:09 PM
        幾年月憎み続けし人逝きて心の隅に開いた風穴
        • 七十路ばばの独り言
        • 2013/05/18 2:18 PM
        十八歳に家を離れて幾たびか 深夜便にてむすめは発てり              *十八歳=じふはち、発=た
        • 今日のうた
        • 2013/05/16 11:59 PM
        幾歳になれば大人になれるのか大人の振りは上手になれども
        • 純情短歌
        • 2013/05/13 4:47 PM
        難題を幾つも出すは愛なのか五月雨ふかく菖蒲をぬらす
        • 原点
        • 2013/05/11 10:18 PM
        幾許か多めに入れる賽銭に口には出せぬ願ひを一つ
        • encantada
        • 2013/05/09 8:27 AM
        難題をいくつも出すは愛なのか五月雨ふかく菖蒲をすらす
        • 原点
        • 2013/05/09 6:39 AM
        あと幾つあったところで分からないままに見えない砂は落ちてく
        • 鹿の子帳
        • 2013/05/05 10:36 PM
        幾たびも出会っていたと知らないできょうもあしたもあなたと出会う
        • こ と り ご と
        • 2013/05/05 1:52 PM
        幾重にも抱くがごとく包まれて心を伝える小さなgift    ...
        • 短歌 富士山麓より
        • 2013/05/04 7:27 PM
        幾度も 流刑のひとの 過ぎゆきし 峠に立てば 海原の見ゆ...
        • ひろちん。の鬱と妄想の日々BLOG
        • 2013/05/04 2:19 AM
        あのひとがわたしの訃報を聞いたなら幾日それを忘れぬだろう
        • 散り落つ泡沫
        • 2013/04/24 7:49 PM
        その先は欠けるばかりと鑑みて幾望の夜に時計を止めた
        • ワナビーポエマー.
        • 2013/04/20 11:40 AM
        あやまちて幾たび人を弔ひぬ人こそ知らねせぜの埋もれ木
        • 月とあをさぎ
        • 2013/04/18 12:48 AM
        幾何学の模様入ったバッグ提げスマホをいじる少女はひとり
        • 檸檬藍瑕
        • 2013/04/15 8:24 PM
        解析や幾何につまずき数学が大の苦手は子に遺伝して
        • カトレア日記
        • 2013/04/15 4:17 PM
        幾たびも切り出す言葉を飲み込みぬ<親しみ表現>に変はる瞬間
        • 歌よみもどきの書
        • 2013/04/10 11:38 PM
        幾つかのイミテーションの友情を飾って笑う教室の隅
        • こはぎうた
        • 2013/04/09 4:23 PM
        幾重にも愛も恨みも積み重ね結婚十年目のミルフィーユ
        • 垂れ流しstyle
        • 2013/04/08 6:21 AM
        もう嫌や別れましょうと幾十度(いくそたび)脅しのようなお前の言葉
        • 底津石根
        • 2013/04/06 4:59 PM
        さくら花ふぶくこよひは幾たりの児らや生まれて朝を見ざらむ
        • 芳立五蘊
        • 2013/04/06 12:25 PM
        幾千の雲の厚みか月見えずひとりよがりの朧夜桜
        • あほうどり
        • 2013/04/05 3:32 PM
        幾何学の父なる男ルカ・パチョリの精緻なる図をダ・ヴィンチ描く
        • ペーパードリーム
        • 2013/04/02 11:58 PM
        幾たびの転生かさねめぐる星その牙鈍ることのなきまま
        • 白紙委任状
        • 2013/03/31 1:54 AM
        幾千の星屑よせる水たまり 雨上がりの木犀の庭
        • ももこころころ
        • 2013/03/27 3:36 PM
        現実と理想の落差埋めるパテアタッシュケース幾つ積もうか
        • 100poetry
        • 2013/03/24 9:59 PM
        幾たびも繰り返される愛憎がなかったことになるほどの月 ...
        • Strawberry Fields Forever
        • 2013/03/24 4:39 AM
        幾度か続く試練は時として棘も生みだす人は弱くて
        • たなごころ
        • 2013/03/21 3:33 PM
        数学的美しさとでも言うのかななんか酔いそう幾何学模様...
        • 矢野理々座のblog
        • 2013/03/13 7:56 PM
        いつの日か記憶の中で幾度でも紙飛行機を飛ばしてみせて                                          
        • 歩数
        • 2013/03/06 2:44 PM
        春の日のセールスマンと幾たびかダイキリを飲む真冬の街で
        • 暗黒星雲
        • 2013/03/04 9:51 AM
        白骨の色のあかりが幾重にも降りしく夜にひとは黙する
        • 有櫛水母
        • 2013/03/03 11:14 PM
        幾度か春をおくりしこのさくら見ていたことなどいろに滲みて
        • 梅の咲くころから
        • 2013/02/28 10:14 AM
        声かける人も増えゆく雪解けも間近であろう耐えて幾日
        • la lune
        • 2013/02/27 8:41 AM
        幾つかの出会いと幾つかの別れ重ね合わせてまた旅に出る
        • 路地裏のショーペンハウアー?
        • 2013/02/23 1:09 PM
        幾たびとなく犯し来しあやまちを繰り返しつついくさのやまず
        • 紫苑がさね
        • 2013/02/23 1:52 AM
        揺らぎつつ幾(ほとほ)としくも溺るがに離(か)れたる君の行くへ探れり
        • 朝の雲
        • 2013/02/20 5:47 PM
        幾何学を専攻してるクソ真面目 靴下の色 左右で違う
        • うたのたね
        • 2013/02/19 5:12 PM
        こうやって幾年待てば忘れるの?あの人の死もこの人の死も
        • たんかんぽんかんみかん
        • 2013/02/19 12:45 PM
        人間は幾多の人に嘘をつき綺麗な顔で笑うのだろう
        • 通過列車
        • 2013/02/12 12:02 AM
        作業着がとことん似合う男にて吉幾三はCM歌う
        • しなやかに、したたかに、無責任に・・・西中眞二郎雑記帳
        • 2013/02/11 4:30 PM
        幾春を越えて古びし樹樹みあげ櫻の頃の哀愁と思ふ
        • 2013/02/11 12:40 PM
        幾ばくの公理も何ぞ草まくらユークリッドに恋は解けずて...
        • 和歌の浦浪
        • 2013/02/11 10:02 AM
        いいとこを幾つもほめた でも君はあいつの「バーカ」の方に惹かれた
        • あるあるのうた B面
        • 2013/02/09 10:57 PM
        幾つ?って年聞くこともイケないの個人情報保護法だって
        • 映子のブログ
        • 2013/02/08 8:32 PM
        幾万の星を見上げる時わずかビルに谷間に星降ればいい
        • みんな教えてもらった
        • 2013/02/03 8:17 AM
        衝突と矛盾に幾度も悩む日々わが精神の健康を知る
        • 創作のおと
        • 2013/02/01 3:21 PM
        この記事には問題なくトラックバックできました。
        • 111.31KV620日記
        • 2012/12/29 11:16 PM
        無料ブログ作成サービス JUGEM