スポンサーサイト

- - - スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0

    042:若

    041-050の歌 - trackbacks(109) daieiblog2013
    「042:若」の歌は、こちらにトラックバックしてください。
    • 0
      • Check

      スポンサーサイト

      - - - スポンサードリンク
      • 0
        • Check
        トラックバック

        この記事のトラックバックURL

        あれはチェロ、あれはラの音あれは嘘若しくはきみが恋した燕
        • ?緑豆製作所
        • 2013/11/30 11:02 PM
        今気付く仕事と生活若干のバランス修正必要かもね
        • ゆうき(裕希)の題詠blog
        • 2013/11/30 9:26 PM
        母がまたちいさくなってお座敷の般若の面のつのも縮みぬ
        • ぺんぺん100%
        • 2013/11/30 10:54 AM
        自転車で手繋ぎ走る子供達曲芸じみた若さ眩しく
        • よあそび
        • 2013/11/29 9:43 PM
        ランコムのコンシーラーの銀色が若くないって呟いている
        • 裏庭を捨てる
        • 2013/11/29 4:02 PM
        「若しきみに十年前に会えてたら」「会っていたのにもう忘れたの?」
        • よんだものがち
        • 2013/11/29 1:37 PM
        雨あがり俺の気持ちも知らないで若草色の自転車がくる
        • とりあえずのぶろぐ
        • 2013/11/29 12:31 AM
        自由などないと誰もが知っていて椀の若布の透明な海
        • わざとじゃないもん!
        • 2013/11/28 9:24 PM
        若者の欠点であり特権は知らないことを知らないことだ
        • 黒猫歌集
        • 2013/11/28 8:11 AM
        うら若きこれはあいびき 終バスを逃がす速度で歩道を蹴って
        • ちょろ玉のコトダマラソン
        • 2013/11/25 4:34 PM
        若いまましんでしまった太陽と月がいたこと ピアスを触る
        • ゆゆとぴあ。
        • 2013/11/22 5:08 PM
        そっちへは行きたくないなこの若葉の並木抜けたら焼けあとの家
        • 柳’s ラボラトリイ
        • 2013/11/19 6:35 AM
        箱舟に乗る人類を募ります<恋愛ができる方若干名>
        • 歩道を走る自転車のこども
        • 2013/11/16 1:18 AM
        是非もなくただ敗走を強いられた 若さという名の剣が折れた日
        • 独りよがりの傘を開いて
        • 2013/11/15 11:58 PM
        あの夜の約束をまだ信じてるあえて言うなら若気の至り
        • 月夜の虹
        • 2013/11/15 12:08 AM
        若さゆえ犯す過ち若さゆえ冒すあやまちめいた行動
        • eleven nine
        • 2013/11/14 9:05 PM
        夏休みサンショウウオのおじさんに若かった頃のお話をきく
        • ぼくはこんなことが好き。
        • 2013/11/13 10:05 AM
        若さとは幼さ隠す前向きな言葉にすぎぬ 学べ若者!
        • 睡蓮。の隠れ家ブログ
        • 2013/11/12 11:03 AM
        オリオンの指差す方に流れ行け君が若やかなる白き息
        • Lazy Room
        • 2013/11/12 8:05 AM
        六本木どうでもいいのに柿談義若さ遠のく二人して
        • 花こみち
        • 2013/11/11 9:44 PM
        団員は料理を習う若年性サドマゾ症候群の見境
        • 幼稚
        • 2013/11/09 8:04 PM
        うら若い乙女の頃を懐かしみヒールを脱いで深呼吸する
        • はちぶんめblog
        • 2013/11/07 7:38 PM
        腹筋が75回出来るからまだまだ若い53歳
        • ポケット短歌。−ウクレレ式短歌blog−
        • 2013/11/02 10:12 AM
        若者の未来へ手渡すこの国の 切符は裂けていないだろうか
        • 介護の記
        • 2013/10/31 11:55 PM
        変若水(をちみづ)の尽きせぬ水脈(みを)のみなもとを断ち来しごとき太刀はくれなゐ
        • Soupe du Louve
        • 2013/10/30 4:39 PM
        もう若くないからという理由にて遠慮しながら引くアイライン
        • うたりずむ
        • 2013/10/30 3:37 PM
        わが名前海若(わたつみ)ひとつ抱くゆゑかこころはいつもゆらゆらとして
        • sironeko
        • 2013/10/29 3:43 PM
        四捨五入すべき若さの歳だけど一番好きな食べ物はカレー
        • タンカコタンカ 題詠篇
        • 2013/10/27 8:59 PM
        「老い」若いきみにはわからない雲は聞こえず鳥の声も見えない
        • afterglow
        • 2013/10/24 10:49 AM
        まだ咲かぬ青さばかりの菊花展 花がなければ若さも哀し
        • 転がり坂
        • 2013/10/19 2:05 AM
        若干の勝ち目はあるさ夕暮れの中に落とした大きなボタン
        • シプレノート
        • 2013/10/16 10:15 PM
        昨夜逝きしひとのよこがほに添ふごとく水辺に咲ける杜若かな
        • 雲いろの栞
        • 2013/10/16 9:05 PM
        冬枯れの枝に若芽が吹くようにめぐりくるものおわりなきもの
        • それらすべては架空となりて
        • 2013/09/24 10:00 PM
        四十も越えたし僕もいいかげん若輩者と僭越ながら
        • 風のゆくえは
        • 2013/09/24 7:54 PM
        雅なり誇らしく咲く杜若 花弁の白が凛と清しい
        • 真魚の間
        • 2013/09/18 3:42 PM
        ボヘミアン気取りの若者たちが住むパリの屋根裏から幕が開く
        • 111.31KV620日記
        • 2013/09/17 11:10 PM
        一年を過ぎても貼つてゐたきもの若葉マークは否免罪符
        • 2013/09/16 4:21 PM
        「おぃ!若ぇの! ボサァ〜とせんと 仕事せぃ! 油売っとる 暇ゎねぇんだ!」
        • 風流三昧
        • 2013/09/11 9:34 PM
        まだ若い背中丸めて言ってても説得力はないんだからね
        • Ordinary days
        • 2013/09/09 8:45 PM
        若き日にはなじめずにゐし紫が七十過ぎてしつくりと来る
        • encantada
        • 2013/09/04 7:01 AM
        年若い男の寝顔が歪むとき草地の虫は鳴くのを止める
        • くぎのスープ
        • 2013/09/02 11:51 PM
        お隣の常識のない若者めこんな時間にラーメン食って
        • めくるめく
        • 2013/09/02 10:29 PM
        湾岸とホテルの窓に鎧われた国です(若しも、おそわれたって)   1983年4月15日  東京ディズニーランド開園。
        • はいほー通信 短歌編
        • 2013/09/01 2:09 PM
        熱風の中に斃れる老人はきっとかつての若者である
        • /dev/null
        • 2013/08/28 11:33 PM
        自が功を誇示する如く手を揚げて安倍晋三は記者団に対す
        • 臆病なビーズ刺繍
        • 2013/08/20 4:03 PM
        若過ぎて深夜便には似合わぬが森田美由紀は声も大好き
        • 臆病なビーズ刺繍
        • 2013/08/20 3:47 PM
        「杜若咲くころにまた会いましょう」褪せた丸文字こぼれた詩集
        • 嵐が丘に取り残されて
        • 2013/08/12 7:31 PM
        (おれ以外だれも傷つくなよ)若い緑は光る、きらきら光る
        • つきのこども/あぶく。
        • 2013/08/04 10:26 PM
        愛深き故の復讐なのかしら般若の面を検索しつつ
        • 透明な竜の召還日和
        • 2013/07/30 10:20 PM
        無秩序な生活送る毎日は若さだったと今振り返る
        • 題詠blog@未来るちる
        • 2013/07/28 4:40 PM
        じゅるじゅると缶コーヒーをすすっても若干のこるコーヒーがある
        • 麦畑(題詠blog用)
        • 2013/07/19 7:27 PM
        若つばめ指を伸ばせば乗りそうで 警戒心は教えずにおく
        • こ と り ご と
        • 2013/07/10 12:52 PM
        「若いね」と吾(あ)も純化され名も知らぬ星座が光るプラネタリウム
        • 鹿の子帳
        • 2013/07/09 10:17 PM
        漏れいづる若き精気を身に浴びて眩しき山の滴りに染む
        • 槐の実
        • 2013/07/09 3:55 PM
        見上げれば桜も若葉に覆われて 眩しい日射し隙間から漏る
        • 椋の囀り
        • 2013/07/09 3:44 PM
        若いから愛しあいたいなんて言う傷つかないからなんて言う 言う
        • 猫背が直らない理由
        • 2013/07/07 8:34 PM
        「若干」といふ前置きがこのところ若干あふれすぎてをります
        • おぼつかな
        • 2013/07/05 4:19 PM
        若い気でラケット振れば肘痛し でも中学生に負けたくはなし    ...
        • 短歌 富士山麓より
        • 2013/06/26 11:11 PM
        若しやもしあの懐かしい人かしら空港ロビーで昂(たかぶ)る心
        • 七十路ばばの独り言
        • 2013/06/26 11:44 AM
        勇者とは若干違いがあるらしく空間移動で死にそうになる
        • うずめの花ビラ
        • 2013/06/23 5:05 PM
        若鮎の落鮎となる必然に色の抜けたる髪を洗へり
        • 今日のうた
        • 2013/06/22 7:09 PM
        <苦(にが)さ>とも<苦しさ>とも見え輝ける<若さ>のゆくてなみよろう山
        • 女郎花の独り言
        • 2013/06/22 5:11 PM
        食べごろのアンデスメロン切りわけて若草色の芳香に酔う (たべごろのあんですめろんきりわけてわかくさいろのほうこうによう)
        • ***短歌の六歌亭***
        • 2013/06/18 8:07 PM
        まっ白な手帳を見つめ若者の涙が満員電車に落ちる
        • 6e
        • 2013/06/12 6:00 AM
        若さゆえ吉祥となる駅鳩が頭をかすめゆきし夏朝
        • 夏からはじめた・青い翼はきらい
        • 2013/06/09 11:17 AM
        若さゆえ吉祥となる駅鳩が頭をかすめゆきし夏朝
        • 夏からはじめた・青い翼はきらい
        • 2013/06/09 11:14 AM
        若くないぼくらは何を言い訳に恋に落ちればいいのだろうか
        • 砂上楼閣
        • 2013/06/07 4:55 AM
        苦しきに似るといはるる文字なればな嘆きたまひそうら若ききみ
        • 歌よみもどきの書
        • 2013/06/05 9:11 PM
        遮断機の音は若葉を揺らしつつ景色の裏の傾斜をくだる
        • 歩数
        • 2013/06/05 8:13 PM
        若葉らが芽吹いて告げる初夏の日を 葉越しに透いて眩しく見ゆる 
        • ことの葉から雨雫
        • 2013/06/05 6:43 AM
        若かったことは理由になりません無為に過ごした日々の重なり
        • 純情短歌
        • 2013/06/04 8:20 PM
        筍と若布がすまし汁の中おすまし顔で正座する春
        • 螺旋浮遊
        • 2013/06/02 1:30 PM
        若者と言われて痒くなってくる心臓に毛はまだ生えてない
        • こはぎうた
        • 2013/05/29 8:56 AM
        干潮が若さを奪い踝の先のステップだけが嬰児(みどりご)
        • ワナビーポエマー.
        • 2013/05/28 6:33 PM
        滑り落ちるシーツをつかむ若干の羞恥心なら持ち合わせ有り
        • 楽歌三昧
        • 2013/05/26 5:29 PM
        自若にも顔色変えない君の目に宿った光は希望に満ちる
        • 檸檬藍瑕
        • 2013/05/20 3:07 PM
        浜に干す若布のみどり陽を浴びて伸びするやうに輝いてをり
        • ペーパードリーム
        • 2013/05/20 12:52 AM
        船頭は 梅若丸を 語りだす 隅田川揺るる 浚渫船よこ...
        • ひろちん。の鬱と妄想の日々BLOG
        • 2013/05/18 12:27 AM
        若くして逝きし友の手作りのコーヒーカップ日々愛用す
        • カトレア日記
        • 2013/05/14 12:20 PM
        大相撲はなやかりしころ焼かれしや若花田とう小皿一枚
        • 原点
        • 2013/05/14 7:14 AM
        若さとは遥かに遠き響きにて粗末にしたる悔いを咬みをり
        • 底津石根
        • 2013/05/12 2:22 PM
        若冲の白き巨象にさとされてきちんと帰る決心をする
        • 白紙委任状
        • 2013/05/11 10:26 PM
        ハンカチに若干残るその匂いお守りにして生きていくから
        • 垂れ流しstyle
        • 2013/05/07 5:41 PM
        ためらひの衣をかすめて風かをる五月は若き胸を彫り出づ
        • 芳立五蘊
        • 2013/05/04 12:12 PM
        ぬばたまの闇に消えつる沫雪の若やる胸を知る人や誰
        • 月とあをさぎ
        • 2013/05/02 6:46 AM
        若きらの言葉につながる明日をば重ね合わせる過ぎ来し日々と
        • あほうどり
        • 2013/04/07 3:21 PM
        秒針とこわばる君を砕きたい世に若者と呼ばれるうちに
        • 100poetry
        • 2013/03/28 8:57 PM
        若き日のわたしと同じ失敗をする子にそうとは言わずに笑う
        • たなごころ
        • 2013/03/28 9:13 AM
        まだここにいてもいいよね振り切って若木はひたすら濃く通り雨 ...
        • Strawberry Fields Forever
        • 2013/03/27 5:13 PM
        やわらかな若草色のワンピース すそたわむれる波打際かな
        • ももこころころ
        • 2013/03/26 8:43 AM
        すべすべのお肌期待はたぶん無理 日本酒風呂に「般若の湯」の名...
        • 矢野理々座のblog
        • 2013/03/23 1:07 PM
        上甲板に若き気象観測士は一本の燭、三時「遠雷」
        • 有櫛水母
        • 2013/03/22 2:29 PM
        若しきみに青い翼があつたならわたしは毎夜むかへ火を焚く
        • 暗黒星雲
        • 2013/03/18 2:12 PM
        若葉風花を誘いて公園のブランコゆらす子供ものせて
        • 梅の咲くころから
        • 2013/03/14 10:38 AM
        どうやって永遠を手に入れるかをたぶん知らないぼくらは若い
        • 路地裏のショーペンハウアー?
        • 2013/02/27 11:44 PM
        若すぎる年下相手は真面目には対応せずに突き放す日々
        • la lune
        • 2013/02/27 2:04 PM
        歳を経て若さで忘れることもなく訃報と向き合う勇気さえなし
        • たんかんぽんかんみかん
        • 2013/02/27 11:25 AM
        訪ぬるはひとが若さの歌まくら老いては夢にこひの松ばら...
        • 和歌の浦浪
        • 2013/02/23 11:02 AM
        変若水(おちみづ)をもとむるひとを眠らせてとはにさびしき鷹乙女かな
        • 紫苑がさね
        • 2013/02/23 2:17 AM
        若き日に帰りて寮歌歌いおり友らはなべて無邪気な顔で
        • しなやかに、したたかに、無責任に・・・西中眞二郎雑記帳
        • 2013/02/22 11:03 PM
        若干(そこばく)の罪を重ねしよの苦くとにもかくにも想ひ捨つべし
        • 朝の雲
        • 2013/02/21 6:41 PM
        若さって良いわねと言う老婦人 同意しながら首を傾げる
        • うたのたね
        • 2013/02/20 11:42 PM
        軽すぎるフットワークを妬まれる牛若丸のような新人
        • 通過列車
        • 2013/02/18 9:50 PM
        ひたすらに秋思の街を流離ふる叙情詩人の若き魂
        • 2013/02/16 4:05 PM
        いまのうち心鍛えておくことね傍若無人で居られるように
        • 映子のブログ
        • 2013/02/12 3:19 PM
        頬染めて砂かけ婆は若き日の子泣き爺とのロマンス語る
        • あるあるのうた B面
        • 2013/02/11 1:23 PM
        病院の待合室に座り込み旅を語る若者ふたり
        • みんな教えてもらった
        • 2013/02/05 8:38 AM
        若い頃訪ねた街の鉄道がすでに走ってないことを知る
        • 創作のおと
        • 2013/02/01 3:39 PM
        この記事には問題なくトラックバックできました。
        • 111.31KV620日記
        • 2012/12/30 3:35 PM
        無料ブログ作成サービス JUGEM