スポンサーサイト

- - - スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0

    046:間

    041-050の歌 - trackbacks(105) daieiblog2013
    「046:間」の歌は、こちらにトラックバックしてください。
    • 0
      • Check

      スポンサーサイト

      - - - スポンサードリンク
      • 0
        • Check
        トラックバック

        この記事のトラックバックURL

        なぜ人は間を開ける弱冷の車両ポツポツ緑をうえて
        • ?緑豆製作所
        • 2013/11/30 11:33 PM
        かんたんに越えられそうな窓だから隙間なきようカーテンを引く
        • ぺんぺん100%
        • 2013/11/30 10:47 PM
        「カヴァレリア・ルスティカーナ」の間奏曲癒やされるけどあらすじ怖い
        • ゆうき(裕希)の題詠blog
        • 2013/11/30 9:35 PM
        服を着てベッドで眠り七年目もう人間ってことでいいかな
        • よあそび
        • 2013/11/29 9:47 PM
        繋いでた指がふるえて幕間に静かな涙がさやるさるさや
        • 裏庭を捨てる
        • 2013/11/29 4:14 PM
        まっとうな人間でいることよりも恋することを優先させよ
        • とりあえずのぶろぐ
        • 2013/11/29 1:55 AM
        万人が間違いという線ひとつ越えてやすらぐ鍋の湯豆腐
        • わざとじゃないもん!
        • 2013/11/29 1:04 AM
        みつしりと隙間を埋める猫一匹 通販箱の虜となりぬ
        • 黒猫歌集
        • 2013/11/28 8:15 AM
        絶え間ない時の流れに絶え間あり 思い出せない観覧車内
        • ちょろ玉のコトダマラソン
        • 2013/11/25 4:40 PM
        たったおまえと、たったいきてる間だけペディキュアの意味をおしえあったり
        • ゆゆとぴあ。
        • 2013/11/23 12:22 AM
        冬に間に合うかぬかるむ道をゆくゲリラ豪雨の夏が名残が
        • 歩道を走る自転車のこども
        • 2013/11/19 9:49 PM
        稜線を見れば泣くから電車待つ間は東ばかりを向いて
        • 柳’s ラボラトリイ
        • 2013/11/19 6:40 AM
        冬至過ぎ空に向かってそそり立つ皇帝ダリア束の間の夢
        • 花こみち
        • 2013/11/17 2:21 PM
        間が保たぬだろうと用意したネタを使うことなく二次会の席
        • eleven nine
        • 2013/11/17 5:14 AM
        yesとno 間でゴミ屑みたいに舞う 都会の僕らのドラムンベース
        • 独りよがりの傘を開いて
        • 2013/11/16 12:19 AM
        人間に生まれてしまった妖精が月の影から故郷に帰る
        • 月夜の虹
        • 2013/11/15 12:16 AM
        寝てみたらわかったおまえの人生は間違い方が間違っている
        • ぼくはこんなことが好き。
        • 2013/11/13 11:11 PM
        知らぬ間に心がついていたウソに身は正直に動きをやめる
        • 睡蓮。の隠れ家ブログ
        • 2013/11/12 11:13 AM
        仄暗き駐輪場の隙間より黒猫ひとつ駆け出しにけり
        • Lazy Room
        • 2013/11/12 8:12 AM
        首都東京旅にしあれば徒に国家間隙にて友に遇う
        • 幼稚
        • 2013/11/09 8:10 PM
        いい人で終わってしまう間柄わがままひとつ言えないままで
        • うたりずむ
        • 2013/11/05 1:47 PM
        正確な時間をいつも知りたくて電波時計を各部屋に置く
        • ポケット短歌。−ウクレレ式短歌blog−
        • 2013/11/02 10:48 AM
        ぬばたまの夜間飛行(ナイトフライト)すべらかに凪いだあなたの胸をひらいて
        • Soupe du Louve
        • 2013/11/02 1:46 AM
        濃密な時間分かちあふ君と吾のメールは箱に溢れんばかり
        • sironeko
        • 2013/11/01 4:00 PM
        子と孫の架け橋となれ 間接の役目果たさん 老いてこそなれ
        • 介護の記
        • 2013/11/01 12:25 AM
        みんなして時間がたてばと励まして私を立たせようとしている
        • タンカコタンカ 題詠篇
        • 2013/10/27 9:20 PM
        雨の間に君が通りし裏道は海の香立ちて冬門を閉ず
        • afterglow
        • 2013/10/25 1:14 PM
        柳蘭動かぬ蜂を眠る子の ように背負いて時間を止めて
        • 転がり坂
        • 2013/10/21 5:47 AM
        閉まりゆく扉の間にまなこゐを交はしてひとつの朝を終へたり *間=あひ
        • 雲いろの栞
        • 2013/10/17 10:59 PM
        起床後の十分間のストレッチきっと役立つ日が来るはずさ
        • シプレノート
        • 2013/10/16 10:22 PM
        間接話法で日記を書いてみる かっこつけずに他人事(ひとごと)みたいに
        • それらすべては架空となりて
        • 2013/09/27 2:40 PM
        間諜に休日もある休日も不実なままだ、そう雨が降る
        • くぎのスープ
        • 2013/09/25 3:33 PM
        ひそやかにヒロインの吐くため息のような間奏曲が流れる
        • 111.31KV620日記
        • 2013/09/24 11:22 PM
        日よ昇れ夢を現に道拓け安藤・間のトンネル技術
        • 風のゆくえは
        • 2013/09/24 10:43 PM
        「真魚の間」という名にしましたブログですどうぞよろしく遊びにきてね
        • 真魚の間
        • 2013/09/18 3:58 PM
        間欠泉吹き出すを見てすごいねと言ひあふ母娘(ははこ)の熱海の旅行
        • 2013/09/16 5:35 PM
        投稿歌をトラックバックできないため、ブログにてご確認ください
        • 風流三昧
        • 2013/09/16 12:21 AM
        絶え間なく矢の降り注ぐ国に居て痛いと言えばうちの子じゃない
        • /dev/null
        • 2013/09/11 11:05 PM
        マニアっぽい人なら間に合ってます真性オタクが日本を救う
        • Ordinary days
        • 2013/09/09 8:51 PM
        目の形しているものがごろごろと宇宙空間行ったり来たり
        • めくるめく
        • 2013/09/06 11:08 PM
        ずれがあり間がありそしてするすると今はテレビのこちらの側に   1985年8月12日  日本航空123便が群馬県御巣鷹の尾根に墜落。
        • はいほー通信 短歌編
        • 2013/09/05 7:37 PM
        一時間に一本しかないバスを待つ木陰のベンチに腰をおろして
        • encantada
        • 2013/09/04 7:11 AM
        つかの間の恋人気分相席の男が本を閉じて微笑む
        • 透明な竜の召還日和
        • 2013/08/25 10:14 PM
        盗られては間尺に合わぬ!北方の四島返せ!毛蟹食べたい!
        • 臆病なビーズ刺繍
        • 2013/08/21 8:08 AM
        眩しいと思った夏の影は長い人と人との谷間も暮れる
        • つきのこども/あぶく。
        • 2013/08/18 10:51 PM
        うたかたにここで幕間の御挨拶さよならぼくはいまねむります
        • 嵐が丘に取り残されて
        • 2013/08/13 5:37 AM
        間には何本もの道 家々の生垣そして暮らしのにおい
        • こ と り ご と
        • 2013/08/08 1:33 PM
        間断なく降りしきる雨 神々の怒りのごとく雨がしき降る
        • 今日のうた
        • 2013/07/30 8:38 AM
        チャットの間 発言すべきところかと思ううちにも数秒が過ぎ
        • 題詠blog@未来るちる
        • 2013/07/28 5:31 PM
        なぜ誰も間違ってなどいないのに正しい答えが出ないのだろう
        • 砂上楼閣
        • 2013/07/24 3:35 AM
        採点の間違い持ってくる子らに点が上がってよかったねと言う    ...
        • 短歌 富士山麓より
        • 2013/07/20 10:05 PM
        待ち時間三十分のホームにて缶コーヒーは思惟を助ける
        • 麦畑(題詠blog用)
        • 2013/07/19 7:44 PM
        シャボン玉越しの人間関係が浮いたら丸い虹を見たいね
        • 鹿の子帳
        • 2013/07/16 6:54 PM
        人間が人間である由縁とは何かと自問す猛暑の裸身
        • 七十路ばばの独り言
        • 2013/07/10 11:33 AM
        夢の間に過ぎゆく時を惜しみつつ恋のページをふたりめくれり
        • 槐の実
        • 2013/07/09 4:02 PM
        恋の詩集ページめくれば間から セピア色した君の微笑み
        • 椋の囀り
        • 2013/07/09 3:51 PM
        人間がなんでこんなにいるんだろうぼく何か悪いことをしたっけ
        • 猫背が直らない理由
        • 2013/07/07 8:42 PM
        いかほどの人や知るとは思へども日本第四位の間ノ岳
        • おぼつかな
        • 2013/07/07 8:43 AM
        行間を読むはつらきとしたためり同じ日本にゐて声聴けぬ
        • 歌よみもどきの書
        • 2013/07/05 6:50 PM
        加速した瞬間だった 先輩の手の冷たさを知らないでいた
        • うずめの花ビラ
        • 2013/07/04 1:50 PM
        西口に車寄せさせ去るひとは間奏で二度振り返らない photo by ネギ速「顔が映らない女の子の画像まとめが美しすぎる」 ...
        • Strawberry Fields Forever
        • 2013/06/30 4:55 AM
        問いかけに少し間があく携帯の向こう側では何が起きてる (といかけにすこしまがあくけいたいのむこうがわではなにがおきてる)
        • ***短歌の六歌亭***
        • 2013/06/28 6:35 AM
        乳足りぬ嘆き遠世を超えてなお間々観音へ乳をもらいに
        • 女郎花の独り言
        • 2013/06/23 12:08 PM
        4DKですら狭いと思うけどたった二間の借家が始まり
        • 純情短歌
        • 2013/06/20 3:21 PM
        流れゆく時の間でかくれんぼ大事な言葉も想ひでさへも  ※間:あわひ
        • ペーパードリーム
        • 2013/06/17 12:08 PM
        瞼との隙間に夜を塗り込めた照らせ眼球プラネタリウム
        • ワナビーポエマー.
        • 2013/06/16 9:00 PM
        よく錆びた時間のなかに雪白のからだを浸し遊びましたね
        • 6e
        • 2013/06/13 6:38 AM
        読み慣れぬ経済紙よむ間抜けの間ただのさびしいオンナなんだろ
        • 夏からはじめた・青い翼はきらい
        • 2013/06/12 9:02 PM
        間が持たずもじもじしては盗み見た 君の手のひら汗ばんでいた
        • ことの葉から雨雫
        • 2013/06/09 10:33 PM
        風と風の狭間にあって平穏は小鳥の重さ 掌ではかる
        • 歩数
        • 2013/06/07 7:40 AM
        友人が時間通りに遅れてる今日もわたしは待ちぼうけ食らう
        • 檸檬藍瑕
        • 2013/06/03 4:32 PM
        間奏は長めに弾いてね走り出す君に言葉がまだ紡げない
        • 螺旋浮遊
        • 2013/06/03 9:16 AM
        教室に並ぶ机の間隔は本音と嘘をうまく隔てる
        • こはぎうた
        • 2013/05/29 8:59 AM
        行間に滲むことばなぞ知らぬ君の本音は永遠にわからぬ
        • 白紙委任状
        • 2013/05/28 12:30 AM
        照準のレーザー光を受けながら睨み合う場に間の抜けた曲
        • 楽歌三昧
        • 2013/05/26 5:59 PM
        岩の底 地鳴りは眠る 浅間山 東雲の空 鳥の声のみ...
        • ひろちん。の鬱と妄想の日々BLOG
        • 2013/05/22 12:28 AM
        エスカレーター乗ってる時間も惜しむのか押しのけられてあわや、あわやと
        • カトレア日記
        • 2013/05/21 10:55 AM
        恋をした日々をたずねて金曜日、中央林間駅におり立つ
        • 原点
        • 2013/05/18 8:47 AM
        えげつないほどの繁殖力ですねビルのすき間でひしめくタンポポ
        • 垂れ流しstyle
        • 2013/05/18 6:03 AM
        いたづらに繁ること葉は夏ごろもきなるるひとの間も詰められず
        • 芳立五蘊
        • 2013/05/15 12:22 PM
        お前との間(あわい)はいつしか広がりて太平洋の向こうに居るらし
        • 底津石根
        • 2013/05/12 2:30 PM
        ももちとせかはすおもひの花水木こころの間(あはひ)に花は散るらん
        • 月とあをさぎ
        • 2013/05/06 2:04 AM
        デジタルの時間ではなくアナログの流れるやうな時の雰囲気
        • あほうどり
        • 2013/04/07 4:35 PM
        「では」の後コンマ未満の間が置かれ決まり文句はあまりに重く
        • 100poetry
        • 2013/04/02 5:54 PM
        幼子は「寝てる間に呼ばないで今夜よい夢見ているから」と
        • たなごころ
        • 2013/04/01 2:44 PM
        ポワンカレつづきの予想つぎつぎとはずれはずれて 束の間の雪
        • 有櫛水母
        • 2013/03/29 10:06 PM
        関西じゃ空気とともにツッコミの間合いが読めることも重要...
        • 矢野理々座のblog
        • 2013/03/28 12:06 AM
        客間にはいちじくの木がありながら正義をかざし枯れてしまつた
        • 暗黒星雲
        • 2013/03/23 8:06 PM
        いつどこで道を間違えたんだろう 思い出せぬほど君が遠くて
        • ももこころころ
        • 2013/03/21 10:57 AM
        二上の雄岳雌岳の間に落ちて夕陽コトリと眠りにいりき
        • 梅の咲くころから
        • 2013/03/18 10:41 AM
        間の抜けたフォローアンドスルーぼくたちはたぶん一生昔のままだ
        • 路地裏のショーペンハウアー?
        • 2013/02/28 12:09 AM
        薄暗い日本家屋である夫婦間の抜けた味の味噌汁すする
        • la lune
        • 2013/02/27 6:39 PM
        倒れたら眉間にシワが刻まれて 死して戻れた穏やか美人
        • たんかんぽんかんみかん
        • 2013/02/27 11:36 AM
        たましきの宮はもとよりおのれとてひとと夜叉との間かんいち...
        • 和歌の浦浪
        • 2013/02/23 10:45 PM
        ひとの気をふくまぬ風のしんしんと身を浸しゆく夜と朝の間(あひ)
        • 紫苑がさね
        • 2013/02/23 2:24 AM
        一歩ずつ日本を歩いて地図作る間宮林蔵みたいなgoogle
        • 通過列車
        • 2013/02/23 12:40 AM
        海の如く霧は谷間を埋め尽くし紀伊の山塊墨絵の如し
        • しなやかに、したたかに、無責任に・・・西中眞二郎雑記帳
        • 2013/02/22 11:12 PM
        見し夢に間(あい)の楔びの堅かれと飛騨の匠に恃めしものを
        • 朝の雲
        • 2013/02/21 6:48 PM
        間隔を測り損ねて大切な友との絆ぷっつり途切れ
        • うたのたね
        • 2013/02/21 5:20 PM
        間一髪逃れし事故の雨降りてメイン通りの櫻濡らしぬ
        • 2013/02/17 12:36 PM
        もう少し間開けてよ熱くって歌の中ならいいはずだけど
        • 映子のブログ
        • 2013/02/12 5:41 PM
        行間が無くて字間を読んでいる父のメールは「元気か」とだけ
        • あるあるのうた B面
        • 2013/02/11 1:44 PM
        いつの間にかきみとの距離を測ってる広げるべきか狭めるべきか
        • みんな教えてもらった
        • 2013/02/05 3:03 PM
        こんなにも君がきれいになるなんてただ瞬きをしている間
        • 創作のおと
        • 2013/02/01 3:44 PM
        この記事には問題なくトラックバックできました。
        • 111.31KV620日記
        • 2012/12/30 3:39 PM
        無料ブログ作成サービス JUGEM