スポンサーサイト

- - - スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0

    065:投

    061-070の歌 - trackbacks(99) daieiblog2013
    「065:投」の歌は、こちらにトラックバックしてください。
    • 0
      • Check

      スポンサーサイト

      - - - スポンサードリンク
      • 0
        • Check
        トラックバック

        この記事のトラックバックURL

        腐り切る寸前の桃ひっつかみ投げる食べない背中に投げる
        • ?緑豆製作所
        • 2013/12/01 3:23 PM
        意を決し反論投稿してみても反応なくて肩透かし食う
        • ゆうき(裕希)の題詠blog
        • 2013/11/30 11:29 PM
        じわじわと現が夢に侵されて繰り返される投身自殺
        • よあそび
        • 2013/11/30 12:39 PM
        いつよりかこころの底にひとつしか輪のない輪投げ置かれおりたり
        • わざとじゃないもん!
        • 2013/11/30 10:49 AM
        投げつけるみたいに歌う声がする駅前地下を足早に去る
        • 砂上楼閣
        • 2013/11/30 7:15 AM
        印画紙に夕日よ僕を焼きつけろ手足を長く投げ出したまま
        • とりあえずのぶろぐ
        • 2013/11/30 2:32 AM
        投降者一名を引き立ててゆく ステーキハウスの前まで歩く
        • 裏庭を捨てる
        • 2013/11/30 1:50 AM
        人生を投了したの目の前に笑顔の君が座っていたの
        • よんだものがち
        • 2013/11/29 5:30 PM
        痛覚はやがて薄れてしにかけの名前を不法投棄、したこと
        • ゆゆとぴあ。
        • 2013/11/28 3:26 AM
        契っては投げ契っては投げ誰も残さないなら千切れてしまえ  
        • 歩道を走る自転車のこども
        • 2013/11/25 5:39 PM
        主戦とは真夏の柱 フォークから投げれば未知の旅がはじまる
        • ちょろ玉のコトダマラソン
        • 2013/11/25 5:32 PM
        投票にいってはならぬ引き止める声があるむずかしい分からない
        • 幼稚
        • 2013/11/24 5:48 AM
        カタカタとフィルムまわして子は去りぬわたしも真似て像を投じる
        • 柳’s ラボラトリイ
        • 2013/11/23 9:51 AM
        投げやりなメールの中にひとかけら真実隠す伝わらなくも
        • 花こみち
        • 2013/11/19 2:51 PM
        投げやりな態度はぼくの発見が隠さなくてはいけないことだから?
        • ぼくはこんなことが好き。
        • 2013/11/18 11:21 PM
        投球の逸れて転がる池の中 カモの飛び発つ陽だまりの中
        • 介護の記
        • 2013/11/17 11:47 PM
        パイプ椅子投げる女レスラーのシンクにしんなりいるほうれん草
        • 猫背が直らない理由
        • 2013/11/17 12:24 AM
        これも違う あれも違うと投げ捨てた恋の腐臭に窒息寸前
        • 独りよがりの傘を開いて
        • 2013/11/16 11:58 PM
        ときどきは投げやりになるやわらかなおんなのなかのかなしみとして
        • 月夜の虹
        • 2013/11/16 11:24 PM
        やめたいと投げ出したいと思う気が体重増やす原因である
        • 睡蓮。の隠れ家ブログ
        • 2013/11/15 4:51 PM
        喉(のみど)より無尽に生ふる白菊を毟りては投ぐ悪しき遊びよ
        • Soupe du Louve
        • 2013/11/14 12:29 AM
        ぽつたりと椿は落ちてわが首を差し出すやうに歌投稿す
        • sironeko
        • 2013/11/13 10:37 PM
        投げ上ぐるドッヂボールを見つめたる子らは空の高さに怯ゆ
        • Lazy Room
        • 2013/11/13 8:05 AM
        石を投げ額に当てよ 傾かず真っ直ぐ後ろに倒れるように
        • くぎのスープ
        • 2013/11/11 9:52 AM
        会長は続投するのが責任の取り方、とまあこう申します
        • /dev/null
        • 2013/11/10 1:12 AM
        投げつけた言葉のナイフ傷つけてまた傷ついて涙がしみる
        • うたりずむ
        • 2013/11/10 12:40 AM
        静々と風も吹かぬに投降の 蒲の穂綿は白き流人か
        • 転がり坂
        • 2013/11/07 5:26 AM
        トンネルを抜けて世界の果てまでも(後逸されし暴投球は)
        • それらすべては架空となりて
        • 2013/11/06 2:35 PM
        越境は許されなくてタンポポは投げ棄てるもの すべて、光へ
        • つきのこども/あぶく。
        • 2013/11/03 10:22 PM
        ど真ん中投げろと叫ぶキャッチャーのサインは外角低めのカーブ
        • ポケット短歌。−ウクレレ式短歌blog−
        • 2013/11/02 2:48 PM
        投げられた銀貨がからめる春の陽を見つめていたね、わかっていたね
        • 雲いろの栞
        • 2013/10/25 5:35 PM
        新月の話ばかりするあのひとに闇投げるにはまだ早すぎる ...
        • Strawberry Fields Forever
        • 2013/10/23 5:26 PM
        金属のボールを投げるペタンクのこの青空のパリへと続け
        • シプレノート
        • 2013/10/22 9:37 PM
        投稿歌をトラックバックできないため、ブログにてご確認ください
        • 風流三昧
        • 2013/10/18 11:00 PM
        漣もたたぬ川面に投げ入れたきょうの鬱憤泡立っている
        • こ と り ご と
        • 2013/10/17 6:39 PM
        「早実の投手で4番王選手!」 ラジオに聞きゐし高校野球
        • encantada
        • 2013/10/13 1:21 PM
        投げられた物を思わずキャッチして両手開けば指輪のケース
        • 透明な竜の召還日和
        • 2013/09/30 10:21 PM
        街角に美しくない投げキッス飛び交っていて可視化は禁止
        • めくるめく
        • 2013/09/30 12:25 AM
        永久に投函されぬ葉書だらう届かなくとも可い戀も在る
        • 白紙委任状
        • 2013/09/29 11:12 PM
        投げる打つ子供の頃の草野球高いフライが怖くて取れず
        • Ordinary days
        • 2013/09/29 8:52 PM
        投げ方が投げやりなんだタメつくれ赤く染まったいわし雲  秋
        • 風のゆくえは
        • 2013/09/27 4:39 PM
        まなざしを継投続投滔々と腹の中なる子に受け継がん   1995年1月17日  午前5時46分、神戸淡路大震災が発生。
        • はいほー通信 短歌編
        • 2013/09/25 7:30 PM
        頬伝うそれは涙か汗なのか期待の投手が地方で敗退
        • 七十路ばばの独り言
        • 2013/09/24 10:11 AM
        投薬を待つ間に文庫本ひろげ読むことはなく字を数えてる
        • 真魚の間
        • 2013/09/19 5:53 PM
        スイーツを衝動買いし言い訳は「自分に投資」きっと身につく (すいーつをしょうどうがいしいいわけはじぶんにとうしきっとみにつく)
        • ***短歌の六歌亭***
        • 2013/09/13 12:07 AM
        投げやりに掻き回された卵から欠片を吐き出すような火曜日
        • 鹿の子帳
        • 2013/09/11 10:05 PM
        頬伝うそれは涙か汗なのか期待の投手が予選敗退
        • 七十路ばばの独り言
        • 2013/09/10 4:11 PM
        史料館 漁民らがみな人形となりて広げる投網が乾く
        • 劇場*491to31
        • 2013/09/06 7:27 PM
        ヒーローの影で己のプライドを抱きしめている敗戦投手
        • 純情短歌
        • 2013/09/01 2:25 PM
        水きりの川面に投げし石の果て色なき風に秋茜飛ぶ
        • 槐の実
        • 2013/08/27 1:29 PM
        投げられた小石川面を跳ねていく 波紋数えて二人の夕暮れ
        • 椋の囀り
        • 2013/08/27 1:17 PM
        渾身の力を込めて投げ入れるキャッチャーミットは青春の的
        • ペーパードリーム
        • 2013/08/27 12:15 AM
        投げやりな母を見しこと一度だけ 「バナナを十本食べて死にたい」
        • 今日のうた
        • 2013/08/23 5:13 PM
        書きしるす術はもあらずかつてゐし猫の一挙手一投足を
        • おぼつかな
        • 2013/08/23 1:11 PM
        「投身に拠る自死か否かは不明?」との新宿署からの灰色報道
        • 臆病なビーズ刺繍
        • 2013/08/23 10:08 AM
        画面には高校野球映される 18番が投げるもまた良し    ...
        • 短歌 富士山麓より
        • 2013/08/18 9:26 AM
        誤って投擲した矢は戻らない刺さったまんまで赤い血流れる
        • 檸檬藍瑕
        • 2013/08/17 11:07 AM
        投球を追いかけるときさらされる項のあかい日に焼けた肌
        • 嵐が丘に取り残されて
        • 2013/08/17 5:53 AM
        天を衝くビルの林立する都会(まち)で今日も身投げを唆される
        • ワナビーポエマー.
        • 2013/08/16 6:24 PM
        投げ上げて落ちた書籍は青空のいつも見ていたページを開く
        • 題詠blog@未来るちる
        • 2013/07/30 2:24 PM
        缶コーヒー遠投大会投げあげて生クリームの雲の向こうへ
        • 麦畑(題詠blog用)
        • 2013/07/20 7:13 PM
        ただ数を数えたくなる 水切りの石を遠くに投げてください
        • 歩数
        • 2013/07/12 10:04 PM
        厄落としから始めようオフの日は洗濯機へと投げこむタオル
        • 夏からはじめた・青い翼はきらい
        • 2013/07/11 6:34 AM
        ポイポイと愚痴投げ込まれゴミだったわたしゴミ箱に進化したの
        • 垂れ流しstyle
        • 2013/07/09 3:50 PM
        投球が逸れてばかりでまっすぐにあなたに好きを届けられない
        • こはぎうた
        • 2013/07/09 11:28 AM
        厄落としから始めようオフの日は洗濯機へと投げこむタオル
        • 夏からはじめた・青い翼はきらい
        • 2013/07/07 1:13 AM
        旅だちの男に白いスカーフを手向けよつひの投降のため
        • 芳立五蘊
        • 2013/07/06 1:16 PM
        マエケンの投球術にきりきり舞いきみの阪神また無得点
        • カトレア日記
        • 2013/07/01 4:08 PM
        投函口の蛙あまりに可愛ゆくて瞳にみどり焼き付け帰る
        • 女郎花の独り言
        • 2013/06/28 11:37 PM
        投げ遣りに生きたくないが封筒の薄さで分かる不採用だと
        • 螺旋浮遊
        • 2013/06/24 10:32 AM
        ぽろぽろとナイフをこぼす 殺してもいいからわたしを投げてください
        • 6e
        • 2013/06/17 9:29 PM
        チョーク投げ 名物なりし 教官も 定年迎ふ 春休み校舎...
        • ひろちん。の鬱と妄想の日々BLOG
        • 2013/06/11 12:22 AM
        ほそ筒の青磁に母の好きだったアザミ投げ入れ風とおす部屋
        • 原点
        • 2013/06/08 7:53 AM
        投げたって鹿は撃てぬと気に入らぬ帽子もらってさんざん腐す
        • 楽歌三昧
        • 2013/06/04 1:37 AM
        たましひに影を映して紫雲山おもひ投げ捨つ百舌坂あたり
        • 月とあをさぎ
        • 2013/05/25 9:52 AM
        間投詞ひとつ残して帰途につく 生きてをるねえ蜻蛉も祖母も
        • 有櫛水母
        • 2013/05/24 8:14 AM
        少しでも現金化する欲があり微妙な設定投げ売り価格...
        • 矢野理々座のblog
        • 2013/05/05 9:52 AM
        144点を負う投球の記憶を辿る緋の縫い目にて
        • 100poetry
        • 2013/05/04 4:49 PM
        投げ捨てた下着を残しバスは出てとつぜん不意にトンネルの中
        • 暗黒星雲
        • 2013/04/19 10:12 PM
        投入れの花器に枝垂れる小手毬は春の小川のせせらぐように
        • たなごころ
        • 2013/04/10 12:15 PM
        投票日地区の顔あり詮索の気づまり避けて期日前に行く
        • あほうどり
        • 2013/04/08 6:04 PM
        投げられたきみの言の葉次の日に気がついており深呼吸する
        • 梅の咲くころから
        • 2013/04/06 11:24 AM
        ブーメランだったら投げてみるのにな 君とのあの日よ戻れ 三日月
        • ももこころころ
        • 2013/03/14 10:03 AM
        石投ぐる音の日も夜も絶えざらむ罪なき者の満ちみてる世は...
        • 和歌の浦浪
        • 2013/03/06 5:21 PM
        投げられた言葉をきちんとうけとめていれば貴方とわかりあえてた?
        • たんかんぽんかんみかん
        • 2013/03/06 1:38 PM
        投げられた「早期退職」受け止めて教師は揺れる3月の朝
        • 通過列車
        • 2013/03/02 11:50 PM
        魂で投げるすがたにあこがれた三浦大輔いまでも見てる
        • 路地裏のショーペンハウアー?
        • 2013/03/02 11:39 AM
        存在の無価値に憂い投げやりに湖めがけ小石を投げる
        • la lune
        • 2013/03/02 12:43 AM
        父の投げしボールはうまく受け取れず子は顔しかめ身をよじりおり
        • しなやかに、したたかに、無責任に・・・西中眞二郎雑記帳
        • 2013/03/01 11:53 AM
        投げ返すせりふを知らず黙したり恥ぢらふ身には懲らしめの技
        • 朝の雲
        • 2013/02/27 11:06 AM
        洗ひ髪映して遠き潮騒へいつそきれいな秋思の髻華(かざし)
        • 2013/02/24 12:09 PM
        投げ遣りな態度はやがて陽の透けし樹氷のやうに溶けて俯く
        • 2013/02/24 12:06 PM
        高校でずっと補欠の長男が投手をしてるアマチュアだけど
        • うたのたね
        • 2013/02/23 2:39 PM
        きみ投げし石の水面を弾きゆく息のむうちにひい、ふう、みい、よ
        • 紫苑がさね
        • 2013/02/23 2:55 AM
        ぴいぴいと投げやりに鳴く炊飯器30時間の保温の果てに
        • あるあるのうた B面
        • 2013/02/16 10:17 AM
        唇に髪を滑らせとがらせて君に刺されと投げる毒針
        • 映子のブログ
        • 2013/02/15 11:51 PM
        きみに問いをいま投げたならどのような答えの返し方をするだろう
        • みんな教えてもらった
        • 2013/02/09 7:51 AM
        投げられた扁平石は弧を描きやがてはここへ戻るのだろう
        • 創作のおと
        • 2013/02/01 4:12 PM
        この記事には問題なくトラックバックできました。
        • 111.31KV620日記
        • 2012/12/30 9:50 PM
        無料ブログ作成サービス JUGEM