スポンサーサイト

- - - スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0

    080:修

    071-080の歌 - trackbacks(92) daieiblog2013
    「080:修」の歌は、こちらにトラックバックしてください。
    • 0
      • Check

      スポンサーサイト

      - - - スポンサードリンク
      • 0
        • Check
        トラックバック

        この記事のトラックバックURL

        清水の舞台じゃ低いでもこわい修学中は日々サスペンス
        • ?緑豆製作所
        • 2013/12/01 4:10 PM
        ひとりではスカイツリーが高すぎて修学旅行に混じって歩く
        • とりあえずのぶろぐ
        • 2013/11/30 9:55 PM
        修まったものなどなにもないはずのただの旅行のうすいくちびる
        • 裏庭を捨てる
        • 2013/11/30 8:41 PM
        なめらかで巧い修辞にあこがれて省みる我が日々の来し方
        • わざとじゃないもん!
        • 2013/11/30 8:21 PM
        真っ白い修正テープ貼り付けて上書きされる嘘はばればれ
        • よあそび
        • 2013/11/30 7:12 PM
        真っ白い修正テープ貼り付けて上書きされる嘘はばればれ
        • よあそび
        • 2013/11/30 6:44 PM
        修行僧も裸足で逃げる禁欲の日々の終わりを待ちわびている
        • 砂上楼閣
        • 2013/11/30 7:47 AM
        歌を詠む修行とはいえ題詠はだんだん楽しくなってきました。
        • よんだものがち
        • 2013/11/29 6:32 PM
        全うちゅう真夏のジングルベルだから修正液を降らせばいいね
        • ゆゆとぴあ。
        • 2013/11/29 10:58 AM
        大切なブリキのおもちゃを修理してもらった博士はたしかにいたのだ
        • ぼくはこんなことが好き。
        • 2013/11/28 11:58 PM
        亡き母の心の痛み今気付く 孝行したくも修正効かぬ
        • 介護の記
        • 2013/11/28 9:45 PM
        修辞とはすべてを虚無に還すこと幽霊に幽霊はまたいて
        • 幼稚
        • 2013/11/28 6:11 PM
        ミュージシャンにあるまじき行為ですが        何処からか不協和音が聞こえても蹴飛ばしてゆく修行中です
        • 歩道を走る自転車のこども
        • 2013/11/26 6:10 PM
        修了の儀式を終えて午前二時 我はここから何処に向かわん
        • ちょろ玉のコトダマラソン
        • 2013/11/25 6:00 PM
        上書きがすぐに修正テープならできるがぼくは砂消しで消す
        • ポケット短歌。−ウクレレ式短歌blog−
        • 2013/11/23 11:19 AM
        阿修羅像三つの面の謎思ひ吹いてもゐない木枯らしを聴く
        • sironeko
        • 2013/11/23 8:45 AM
        一言の重みを振りかざせない故 妄り飾りてまた修飾語
        • 独りよがりの傘を開いて
        • 2013/11/23 1:15 AM
        修飾語乱発された恋文の裏を謎解く池面の夕陽
        • 花こみち
        • 2013/11/22 3:49 PM
        さくらばな逆巻く道を修羅と呼ぶ口をふたぎて花屑のなか
        • Soupe du Louve
        • 2013/11/22 1:19 PM
        間違いを修正ペンで消すように心の傷はキスで埋めるよ
        • うたりずむ
        • 2013/11/21 10:51 PM
        空腹が快感になる減量は修業のようで反抗のもと
        • 睡蓮。の隠れ家ブログ
        • 2013/11/19 4:48 PM
        おそらくはこれも修行と諦めて夫(つま)のわがまま淡々と聞く
        • 月夜の虹
        • 2013/11/18 10:56 PM
        私が正義だという各国の意見をもとに修史はできぬ
        • /dev/null
        • 2013/11/17 12:53 AM
        高校生最後の修旅この機会逃してなるかと幾度も荷造り
        • 白紙委任状
        • 2013/11/16 10:38 PM
        修羅道が映る四角い窓を閉め今日は一日眠っていたい
        • それらすべては架空となりて
        • 2013/11/16 8:33 AM
        冬季鬱近付いてきて明るさは修復された絵の中にある
        • つきのこども/あぶく。
        • 2013/11/15 10:51 PM
        老いてなお修養を積み山茶花の ように咲きたい寒気の中で
        • 転がり坂
        • 2013/11/15 6:18 PM
        秋の日は身を修むべし栗色のストールを巻く木漏れ日の下
        • Lazy Room
        • 2013/11/13 8:34 AM
        先生。ちょうちょ結びができません修業式の午後におしえて
        • くぎのスープ
        • 2013/11/12 1:04 PM
        ウォーキングインストラクター背を伸ばし修行僧にも似たたたずまい
        • こ と り ご と
        • 2013/11/07 1:36 PM
        ひっそりと反対側を生きている三年前の修羅場の空と ...
        • Strawberry Fields Forever
        • 2013/11/05 3:29 PM
        京都・奈良 修学旅行 コース行く 懐かしの旅 セピアの記憶
        • 風流三昧
        • 2013/11/03 2:19 PM
        産寧坂 修学旅行の淡き日からきみと来るまで六年を数ふ
        • 雲いろの栞
        • 2013/11/02 11:31 PM
        キリストの壁画の修復よりもなお長引いている君との修復
        • シプレノート
        • 2013/10/31 2:24 AM
        研修で居眠りをして書かされた反省文を褒められてもね
        • おぼつかな
        • 2013/10/30 2:57 AM
        修正を?なにを?さっぱりわからないうまりはしないうめるきもない
        • 風のゆくえは
        • 2013/10/28 10:13 AM
        ただ一度きりの過ちを補修するあなたの彼を名前で呼んで
        • こはぎうた
        • 2013/10/25 12:14 PM
        逢えぬゆゑ加工修正施こして寄り添ふ二人写真に写る
        • 槐の実
        • 2013/10/22 12:38 PM
        時々は軌道修正しながらも 寄り添い歩く道は遥かに
        • 椋の囀り
        • 2013/10/22 12:28 PM
        修飾をすべて捨てたるわが言葉ぽつりと浮ぶ宙のうつろに
        • encantada
        • 2013/10/20 12:33 AM
        修羅場とか面倒だもの見なかった振りをするんだ忘れてしまえ
        • 透明な竜の召還日和
        • 2013/10/18 10:49 PM
        修行僧托鉢の椀手に抱え山門出でゆく暁の刻
        • 七十路ばばの独り言
        • 2013/10/15 3:36 PM
        もったいない修理をすれば使えると思って捨てずものが溢れる
        • Ordinary days
        • 2013/10/14 8:28 PM
        毎晩の帰宅は日付が変わる頃 修学論文に挑むわが姪    ...
        • 短歌 富士山麓より
        • 2013/10/11 8:08 PM
        修史修行修繕修辞修羅しゅしゅしゅ人なら人と話してこその   2002年9月17日  小泉首相が日本の首相として初めて朝鮮民主主義人民共和国を訪問。金正日総書記が日本人拉致問題を公式に認める。
        • はいほー通信 短歌編
        • 2013/10/11 7:40 PM
        わたしより林修の「今でしょ!」を見てる君とは付き合えないわ ※「林修」=「はやし・おさむ」
        • 劇場*491to31
        • 2013/10/10 6:39 PM
        テラテラと修正テープの白き筋書類に続く我が物顔で
        • ペーパードリーム
        • 2013/10/05 3:12 AM
        目の前にうんこ現る 直前で避けるようでは修行が足りん
        • めくるめく
        • 2013/10/01 11:28 PM
        山の亡きあと黒ぐろと敷き詰めたコンクリートを修験者の往く
        • ワナビーポエマー.
        • 2013/09/30 7:53 PM
        修復は不可能ですか本当にお別れすれば解決ですか (しゅうふくはふかのうですかほんとうにおわかれすればかいけつですか)
        • ***短歌の六歌亭***
        • 2013/09/28 11:03 PM
        修理してどうにか脚を作ったよこんなガラクタ捨てたい、だけど……
        • 檸檬藍瑕
        • 2013/09/27 9:12 PM
        お世辞など苦手だってばわかるでしょ修飾語だけぽっかり浮いてる
        • 真魚の間
        • 2013/09/19 6:24 PM
        小心な心は連用修飾語使いすぎです味濃くなります
        • 純情短歌
        • 2013/09/02 3:30 PM
        修飾語を探しながらに見てゐたりバスに坐れる乗客五人
        • 今日のうた
        • 2013/08/29 5:21 PM
        少年は阿修羅のごとき憂ひして蜻蛉の竿にあゆみよりたり
        • 有櫛水母
        • 2013/08/28 11:53 AM
        水道の修理のごとく被災地へ心のケアにおもむくといふ
        • 芳立五蘊
        • 2013/08/25 11:41 AM
        世良修蔵 悪逆無道の名を取りて阿武隈川原で斬首されたり
        • 臆病なビーズ刺繍
        • 2013/08/25 8:43 AM
        世良修蔵 悪逆無道の男にて阿武隈川河原で斬首されたり
        • 臆病なビーズ刺繍
        • 2013/08/25 5:11 AM
        世良修蔵 福島城下で捕縛され阿武隈川河原で斬首されたり
        • 臆病なビーズ刺繍
        • 2013/08/25 5:05 AM
        金閣の前で君とのツーショット修学旅行のきらめき今も
        • 垂れ流しstyle
        • 2013/08/22 11:27 AM
        浮ついてわざとらしくて足を踏み外しそうになる修学旅行
        • 嵐が丘に取り残されて
        • 2013/08/20 9:48 PM
        検診をすればあちこち不具合が家もわれらも補修に追われ
        • カトレア日記
        • 2013/08/16 12:43 PM
        遠く近き夏の花火よ孤独というものを修めて父は召されり
        • 夏からはじめた・青い翼はきらい
        • 2013/08/15 8:25 PM
        蜘蛛の糸ゆるやかにはる 愚かなる修辞法にも朝のくること
        • 歩数
        • 2013/08/08 7:58 AM
        無理をして行かなくて良い今更に修学旅行ふと振り返る
        • 題詠blog@未来るちる
        • 2013/07/30 4:10 PM
        修験者もほっとひと息缶コーヒー飲んだりしてる秋のゆうぐれ
        • 麦畑(題詠blog用)
        • 2013/07/20 9:47 PM
        意味のない間違いに塗る物でしょう紙より白い修正ペンは
        • 螺旋浮遊
        • 2013/07/12 9:33 PM
        講堂で 修了証書 受けとる日 遥かに眺む 就職地の空...
        • ひろちん。の鬱と妄想の日々BLOG
        • 2013/07/07 1:48 AM
        くれないの秋を映して静かなる修学院離宮うつつにあらぬ
        • 女郎花の独り言
        • 2013/07/04 8:46 PM
        がっこうを修了しても黄桃になれぬと知って泣く白い桃
        • 6e
        • 2013/06/29 1:38 PM
        きみの目がなげる言葉をこの肌に隠し保存す 修正テープ
        • 原点
        • 2013/06/14 7:22 PM
        卒検は修検よりも楽勝よ路上教習で経験積むから...
        • 矢野理々座のblog
        • 2013/06/12 9:24 PM
        いかでかく世に生まれきて修むべき身をもこころも分ちかねつる
        • 月とあをさぎ
        • 2013/06/09 5:24 AM
        修理代請求されるはずだった壁が爆破のあおりを受ける
        • 楽歌三昧
        • 2013/06/07 5:32 PM
        この橋を渡れば会へる沈黙の阿修羅のやうな小さな顔に
        • 暗黒星雲
        • 2013/05/17 9:52 PM
        修学院若葉のなかに佇みて王朝文化うたいおるかな
        • 梅の咲くころから
        • 2013/04/21 7:49 AM
        この世での修行ですよと言うつもり涙の河で揺れる小舟に
        • たなごころ
        • 2013/04/17 11:55 AM
        ネガティヴな表現ばかり思ひつく思ひ起こせよ修了式を
        • あほうどり
        • 2013/04/09 1:18 PM
        片思い晴れときどき雨つむじ風 日々どきどきの修行中です
        • ももこころころ
        • 2013/04/03 3:51 PM
        修士課程終えた娘の晴れの日の仕事が少しわずらわしき春
        • 通過列車
        • 2013/03/16 10:10 PM
        高校の修学旅行のお土産が父の遺品にあっただけ…だけ。
        • たんかんぽんかんみかん
        • 2013/03/08 7:56 AM
        出来るなら見守ってねと思い出の修了式は大雨のなか
        • la lune
        • 2013/03/03 8:52 PM
        修学院離宮の稲田の畔道にコスモス咲きて秋闌けむとす
        • しなやかに、したたかに、無責任に・・・西中眞二郎雑記帳
        • 2013/03/02 11:20 PM
        六月の木陰の椅子に捲りたる寺山修司と午後の珈琲
        • 2013/02/28 5:26 PM
        いかがせむ身の修まれる日のあるや迷ひ果なむはれぬ恋路を
        • 朝の雲
        • 2013/02/27 11:37 AM
        修理して使えばいいと思うのに買うより高く二の足を踏む
        • うたのたね
        • 2013/02/25 7:49 AM
        修治てふ気弱なひびき眼鏡なき女生徒ひとりゆふぞらを見つ
        • 紫苑がさね
        • 2013/02/23 8:31 AM
        「リフォーム」は「改修」と言い直すけど「匠」は満更でもない様子
        • あるあるのうた B面
        • 2013/02/21 10:54 PM
        こんなにも楽しいばかりじゃなかったな舟木一夫の修学旅行
        • 映子のブログ
        • 2013/02/17 9:44 PM
        学問をいくら修めてもきみへの手紙ひとつも書けない若さ
        • みんな教えてもらった
        • 2013/02/10 9:50 AM
        修正が効かぬ処に来ていますどうすべきかはいえないのです
        • 創作のおと
        • 2013/02/01 4:29 PM
        この記事には問題なくトラックバックできました。
        • 111.31KV620日記
        • 2012/12/31 9:30 AM
        無料ブログ作成サービス JUGEM